【商品レビュー】アイリスオーヤマ SCD-120P SCD-121P 充電式サイクロンスティッククリーナー

日常生活の中で

我が家の10年選手のキャニスター式掃除機の吸い込みが悪くなってきたので、新しく「アイリスオーヤマの充電式サイクロンスティッククリーナー」を購入しました。

今回、いろいろな機種を調べた結果、金額・性能で「SCD-121P」を購入しました。

使用後の感想です。購入を検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

結論

買って良かった!

正直、アイリスオーヤマが好きではない!(※アイリスオーヤマの御関係者様すみません)

しかし、良い商品だと個人的に思います。

こんなにもステッキ型掃除機が楽なのか!

また、コードレスってこんなにもストレスが無いのか!

掃除をすることが苦ではなく、楽しく掃除をすることができます。

スポンサーリンク

商品

今回、楽天市場での買い物をしたので配達で届きました。

本体・付属品

本体、隙間ノズル、ブラシノズル、静電モップ、クリーニングブラシ、充電スタンド、充電アダプター、取扱説明書

本体、充電スタンドを組み合わせるとこんな感じです。

仕様

■商品サイズ(cm)
・フロアヘッド・延長パイプ含む(モップ帯電ケース含まず):幅約22.4×奥行約23.5×高さ約103.5
・充電スタンド設置時(アタッチメント飛び出し量含まず):幅約23.6×奥行約22×高さ約109.2

■製品質量
・本体のみ:約0.9kg
・フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む(モップ帯電ケース含まず):約1.4kg
・充電スタンド:0.6kg

■集じん容積
・ごみすてラインまで:0.15L
・最大容量:0.3L

■充電温度
・5~35℃

■連続使用時間※1
・標準:約15分
・ターボ:約8分
・自動:約22分(使用状態によって異なります)
・セーブ:約40分(使用状態によって異なります)

■バッテリー
・リチウムイオン2次電池
・容量:1900mAh
・バッテリー寿命:繰り返し充電約1000回
・定格電圧:DC10.8V
・充電電源(充電アダプター)入力:AC100-240V、50/60Hz 出力:DC13.7V、0.5A
・充電時間:約4時間(室温・使用時間などにより充電時間が長くなることがあります。)

操作ボタン

ボタンはスティックの手の持つ部分に全てあります。

標準:常時、標準モードでの運転

ターボ:常時、最大の吸引力の運転

自動:ほこり感知センサーで感知したゴミの量によって、吸引力を調整して運転

セーブ:回転ブラシをを回転させないことにより、自動モードの運転時間を長くする

切:電源OFF

スポンサーリンク

使用してみての感想

購入してから1か月が経ち、使用みての「メリット・デメリット」です。

メリット

1.コードレスでストレスが無い:今まではキャニスターで部屋を移動する度に、電源の抜き差しでした。また、コードが物に引っかかったり、遠くまで掃除機を持って行くと電源が抜けたりしていたので、その煩わしさからの解放は素晴らしい!

2.思ったより軽い:片手で持ち運びができて便利。キャニスターの場合、本体とアタッチメント部分を持っての移動。両手も使いそれなりの重さ。それが、本体とアタッチメントが一体式でなお約1.4㎏と片手で持てる重さ。

3.音はうるさくない:音はキャニスターよりも静かでビックリ。それで、吸引力もあるので問題なし。

4.自走式(パワーブラシ)&パワフル吸引でゴミをかき集める:ヘッドは自走式と非自動式がボタンで選べ、自走式にするとブラシが回転しゴミをかきこみながら吸引してくれる。

5.排気が臭くない:キャニスターの時は、暖かい排気がでてきて掃除機独特の臭いがあったが、この掃除機は排気も暖かくなく臭いもほぼありません。

引用:準HEPAフィルターが、0.3μm以上の粒子を99.5%以上捕集。 ※アイリスオーヤマ試験粉じんによる排気性能試験にて排気中の0.3μm以上の粉じん量を測定。アイリスオーヤマ試験ゴミによるものであり、環境や使い方によって異なります。

ウエノデンキ

6.最初から充電スタンドが付いていて良かった:某有名Dソンだと、充電スタンドは別売りだとのことでしたが、こちらは最初から付属で付いています。充電スタンドに本体を置く(差す)だけで充電ができて楽ちんです。また、付属の部品も収納できます。

7.静電モップが楽しい:付属に静電モップが付いており、モップに帯電させて静電気でホコリを取り、充電スタンドでホコリを吸い上げます。この充電スタンドには除電プレートが付いているので付着したゴミを綺麗に吸い上げてくれる。

デメリット

1.ホコリ感知センサー:使用していてフローリングは赤(ゴミが多い)⇒緑(ゴミが少ない)は早いのだが、絨毯はなかなか緑にならない。緑になってまた同じ個所にヘッドを当てると赤になったりする。あまり当てにしない方がいいかな。

2.スティックの伸縮ができない:キャニスターの時はハンドルの伸縮がボタンでできたが、これは調整はできない。

3.充電スタンドが固定式ではないので倒れないか心配:気にならに程度ではあるが、充電スタンドが固定式ではないので、ちょっと体に触れたりしたら倒れるのではないかと心配なだけ。アイリスさんだからそのあたりは検証済みだと思います。あまりにデメリットが少ないので書いてみました。

スポンサーリンク

動画

スポンサーリンク

まとめ

初めてスティック型掃除機を使用してみて、コードレスがこんなに楽でストレスが無く掃除ができる事に感激!

なぜ、早くに買い替えをしなかったのか悔やまれます。

汚れているところがあれば軽く持ち出せ掃除し、使い終わったらスタンドに置くだけで充電ができる最高の一品です。

個人的には満足しています。

検討をされている方は、参考にしていただけたら幸いです。

あまり好きではなかったアイリスオーヤマさんでしたが、これを機にファンになりつつあります。

タイトルとURLをコピーしました