伊達八幡神社 仙台市若林区

仙台の神社

仙台市若林区にある「伊達八幡神社」

地下鉄南北線「河原町駅」から東へ行くとセブンイレブンを通りローソン仙台河原町店を過ぎると踏切があり、踏切を渡って北へ進むと「伊達八幡神社」あります。

スポンサーリンク

由緒

慶長6年(1601)ころ正宗公が仙台に城下町を開くにあたり、伊達郡より遷祀した。

しかし後に、火災のため社殿宝物等悉く焼失。

現在の社殿はその後の復興によるものです。

スポンサーリンク

伊達八幡神社

地域で見守る小さな神社です。

PTAや町内会の夏祭りで大人も子供も楽しんでいる様子が想像できます。

子供を見守る神社

神社の境内には子供たちが遊べる遊具があります。

ジャングルジム、滑り台、シーソーみたいな遊具。

町の神社って感じがあっていいです。

「夜おそくまで利用しないこと」

町内全員で見守っている親心。

昭和です!

また、神社は夕方の4時以降のお参りは避けた方が良いともされています。

神社へ夜参拝するのはNG?その理由を詳しくまとめてみた! | 運気が上がる神社やその参拝方法等を紹介!
神社を参拝するのに夜はダメなのかとよく聞かれます。 そこで、今回は神社を夜に参拝するのはNGなのかそうではないのかを調べました。 すると、参拝してはいけない時間帯がわかりました。それは、意外な時間帯だったので確認してみてくださいね。

社殿

鳥居は神明鳥居。

遊具を抜けると社殿があります。

手水舎はありません。

お賽銭箱、鈴もありませんでした。

「祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え」
(はらえたまい、きよめたまえ、かむながら、まもりたまい、さきわえたまえ)

主祭神

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
ヤマトタケルの第2子で身長が十尺(約3m)もあったとのこと!
※ジャイアント馬場よりも高いです。(2.09m)
熊襲(くまそ)を攻めたが先に新羅(しらぎ)を攻めるべきだという「神のお告げを無視し疑った」ため亡くなりました。

応神天皇(おうじんてんのう)
領地の視察や婚姻による新たな氏族と繋がるなど武勇伝が多いく、出世や成功、家運隆昌の象徴として源氏の氏神にもなっています。
「日本書紀」では110歳、「古事記」では130歳まで生きたと書かれている。

ご利益

仲哀天皇が祀られている多くの神社では、妻・神功皇后、御子・応神天皇の三柱が祀られていることが多いので、縁結び、夫婦和合、子孫繁栄のご利益がいただけます。

応神天皇が祀られている多くの神社では、国家鎮護、産業振興、勝運招来、厄難除け、子孫繁栄、家運隆昌、教育、交通安全、悪病災難除けなどのご利益がいただけます。

公衆電話BOX

今ではなかなかお目にかかれない「緑の公衆電話」

昭和時代には携帯電話などはありませんので、テレホンカードをみんな持ってました。

なんか、ほっこりさせてくれる場所です。

スポンサーリンク

アクセス 

駐車場

なし

公共交通機関

  • 地下鉄東西線:「連坊駅」下車 徒歩13分
  • 地下鉄南北線:「河原町」下車 徒歩15分

お札・お守り

未確認 ※人は不在みたいです

御朱印

未確認 

おいしいお店 情報

  • 柴田パン本店:地下鉄東西線 連坊駅東1出口 徒歩1分
    おいしいコッペパンです。種類も多く、選ぶのに迷います。
  • そば処かんのや:伊達八幡神社向かい
    かつ丼が美味しいらしいです。

※由緒は宮城県神社庁ホームページをもとに掲載させていただきました。
宮城県神社
   

タイトルとURLをコピーしました